2017年活動方針

  1. ホーム
  2. 民進党埼玉県連とは
  3. 党定期大会 報告資料
  4. 2017年活動方針

 本年は、衆議院の任期満了の折り返しの年です。年内に衆議院の解散があるという認識に立ち常在戦場の体制を整え、県連としての支援体制を確立していきます。

 まず、総支部長、自治体議員、党員・サポーター、支援者などが連携・意思疎通を図り、総支部が組織的に機能し選挙に勝てる体制を構築していきます。
 そのために、総支部の活動を充実させ、党員・サポーター、支援者を対象とした集会等の開催を行い開かれた運営を進めていくとともに、党員・サポーター等の拡大にも努めていきます。そして、昨年、実施した総支部活動調査アンケートをもとに、総支部長と意見交換を行いながら、それぞれのニーズにあったサポートを行います。
 
 次に、広報機能を高めていきます。民進党の活動が見え、わかりやすく伝えるため、facebookなどのSNSを積極的に活用するとともに、民進プレス埼玉県版の活用やホームページなどを充実していきます。また、民進党が掲げる提案・創造型の政策活動を積極的にアピールするとともに、総支部のネット上の活動を支援し連携を進めていきます。
 続いて、各種団体等と意見交換を行い、連携を図っていきます。また、連合埼玉・地域協議会との連携をこれまで以上に緊密にしていきます。農家、中小企業、医療介護、教育、各種団体の現場に赴き、意見交換を行い要望に応えていきます。
 
 更に、県連として問題意識を共有できる政策課題について議論を深める機会を設け、関係団体との連携をとりながら政策の発信を強化して参ります。
 2年後に控えた統一地方選挙に向けて候補者発掘作業の準備に取り掛かります。県連として空白区解消を目指します。各種選挙において選挙区の状況を把握し、総支部長と連携を図りながら、少しでも多くの候補者を擁立して、地域に根付く活動を行う仲間たちを増やして地域から民進党を盛り上げて行きます。そのために、2005年より実施している民進党埼玉政治スクールを開催し、候補者の発掘まで意識したものになるよう創意工夫を図ります。更に、候補者の公募などを検討します。また、政治に関心の薄い層へのアプローチとして、気軽に参加し自由に対話のできる場を設け、政治参加を呼び掛けていきます。
 
 最後に、我々は、徹底して地域を歩き、一人でも多くの方々とお会いして、皆様の声に耳を傾けていくことが信頼へと繋がり、期待される政党になるものと確信しています。

選挙対策委員会

各級選挙における公認・推薦は、総支部の意向を尊重しつつ公正・公平・迅速に審議します。中間選挙・統一地方選挙については、総支部と連携を図りながら候補者の擁立に取り組みます。

政策調査会

政策面において国と地方の連携を引き続き強化するため、各種勉強会を充実させるとともに、民進党としての政策や方針を周知するため随時研修会を開催します。更にWEB会議にも積極的に参加します。
また、団体局、民進党県議団と連携しながら、県内自治体、各種団体の要望を集約し、予算要望を埼玉県知事に提出します。

男女共同参画委員会

男女共同参画社会に向けた各種テーマを設定して研修会を開催します。また、地方議会における女性の総合的な力量向上に向け、党本部・北関東ブロック女性議員ネットワーク会議と連携を図りながら活動するとともに、各総支部へ、女性候補者の発掘に向けて情報の提供をしていきます。
更に、連合埼玉との意見交換を実施し、男女共同参画の観点から働く現場での課題や行政での取り組み等について情報の共有を図ります。

総務局

幹事長指示のもと各種会議の運営を補佐し業務を行います。

組織局

民進党埼玉政治スクールを開催します。政治を身近に感じていただくとともに、候補者の発掘まで繋がるスクールになるよう運営します。また、党員・サポーターに登録した方がメリットを感じる活動を行うことにより、各総支部において党員・サポーターの拡大を図ります。更に、アンケート調査を実施し、総支部活動の状況把握に努めます。

運動局

各委員会・各局と連携し、県連所属議員の活動をサポートします。また、県民の皆様が共感できる活動を展開するとともにスピード感ある活動を展開します。

広報局

各委員会・各局と連携し、県連ホームページの積極的な活用を推進するとともにホームページの充実を図ります。また、県連機関紙「民進プレス」号外埼玉県版を発行します。

団体局

各種団体との意見交換を実施し連携を図ります。また、意見交換等で聴取した要望を積極的に受け止め、課題の解決に向けて取り組みます。更に、衆議院議員総選挙に向けて県連選対本部と連携し各種団体への推薦依頼活動を行います。

労働局

従来通り連合埼玉政治担当との定期協議をそれぞれの機関会議後に適宜行うこととし、情報交換・意見交換の機会を増やし、相互理解に努め、今まで以上に緊密な連携を図ります。更に、連合埼玉主催の各種会合・活動への積極的な協力にも努め、県連所属議員の連合埼玉との接触の機会増加を図ります。併せて、労働組合についての理解を深めるために研修会を開催します。

市民・青年局

事業実施を通じ て、各種市民団体や青年層の政策的ニーズを把握するとともに、時宜を捉えたテーマに関する政策発信を行います。 また、党青年委員会と北関東ブロックのもとで活動を一層強化し、党本部および他県連との連携を図ります。

経理局

政治資金規正法に則した会計処理を行います。

国会議員団

県連所属国会議員の連携を密にし、様々な情報交換を行う中で党として政策力を高め、県連および地方組織の足腰強化を図ります。

自治体議員団

自治体議員で構成する議員に対して、県連活動への参加を強く求めて行きます。更に、今年行われるすべての選挙において全員が当選できるようバックアップ体制を整えます。

  1. 委員会・局と連携を図りながら研修会を開催し、自治体議員としての資質向上を目指します。
  2. 民進党地方自治体議員フォーラム全国・ブロック研修会に積極的に参加します。
  3. 中間選挙のため、県連における研修会などの機会や支援体制を積極的に活用し全員当選のための体制づくりを図ります。
  4. 民進党自治体議員局に地方の課題等について提言していきます。

 

 

PAGE TOP